COleDBRecordView::OnGetRowset

仮想 CRowset ※ OnGetRowset () = 0;

戻り値

オブジェクトが正常に作成された場合、 CRowsetオブジェクトへのポインター。それ以外の場合はNULLポインター。

解説

レコード ビューに関連付けられているCRowsetオブジェクトへのポインターを返します。構築または行セット オブジェクトの取得し、それへのポインターを返すには、この関数をオーバーライドする必要があります。ClassWizard をレコード ビュー クラスを宣言する場合は、ウィザードの既定のオーバーライドを書き込みます。ClassWizard の既定の実装が存在する場合、レコード ビューに格納されている行セットのポインターを返します。場合は、それは、ClassWizard で指定されたテーブルを開くか、クエリを実行するには、Open メンバー関数を呼び出し、型の行セット オブジェクトを構築し、オブジェクトへのポインターを返します。

詳細と例については、記事を参照してください レコード ビュー: レコード ビューを使用してVisual の C++ プログラマのガイド

概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

Index