CMenu::GetMenuItemInfo

BOOL CMenu::GetMenuItemInfo (UINT nIDItem、LPMENUITEMINFO lpMenuItemInfo、BOOL それ以外 = FALSE);

戻り値

関数が成功した場合は、戻り値は 0 以外の値です。関数が失敗した場合は、戻り値は 0 です。拡張エラー情報を取得するには、Win32 関数を使用 プラットフォーム SDKで説明されている、 GetLastError、。

パラメーター

nIDItem

識別子または情報を取得するには、メニュー項目の位置。このパラメーターの意味をそれ以外の値に依存します。

lpMenuItemInfo

ポインター、 MENUITEMINFOプラットフォーム SDKで説明されているよう情報を含む、メニューについて。

それ以外

NIDItemの意味を指定する値。既定では、それ以外は、uItem メニュー項目識別子であるを示すFALSEです。それ以外FALSEに設定されていない場合は、メニュー項目の位置を示す。

解説

このメンバー関数の動作を実装する、Win32 関数の プラットフォーム SDKで説明されている、 GetMenuItemInfo、。

GetMenuItemInfoの MFC 実装では、あなたがメニューへのハンドルを使用しないことに注意してください。

CMenu 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;:GetmenuCMenu::GetMenuItemCountCMenu::GetMenuItemID(&N)

Index