CHttpServer::OnWriteBody

BOOL OnWriteBody (CHttpServerContext ※ pCtxt、LPBYTE pbData、LPDWORD dwWrite、DWORD dwReserved = 0);

戻り値

失敗と成功の 0 以外の値をゼロします。

パラメーター

pCtxt

CHttpServerContextオブジェクトへのポインター

pbData

クライアントに書き込まれるデータ。

dwWrite

クライアントに書き込むバイト数。

dwReserved

将来の使用に備えて予約されています。0 でなければなりません。

解説

サーバーにデータを書き戻すには、この関数をオーバーライドします。だけこれらすべての条件に該当する場合に、MFC この関数を呼び出します:

このデータをクライアントにCHttpServerContext::WriteClientを呼び出すことで書き込みます。CHttpServerContextオブジェクトは、チャンク サイズを設定している場合、いくつかCHttpServerContext::WriteClient呼び出し可能性があります。

CHttpServer 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CHttpServerContext::SetChunkSizeCHttpServerContext::GetChunkSize(&N)

Index