CHttpServerContext::TransmitFile

BOOL TransmitFile (処理 hFile、DWORD dwFlags HSE_IO_DISCONNECT_AFTER_SEND、LPVOID = pstrHeader = NULL、DWORD dwHeaderLen = 0、LPVOID pstrTrailer NULL、DWORD = dwTrailerLen = 0);

戻り値

ファイルのデータが送信された場合にTRUE ;それ以外の場合FALSE。拡張エラー情報を取得するには、コール GetLastErrorTransmitFileを返す前に、重複した I/O 処理は完全ではない場合、関数はFALSEを返します。この場合、 GetLastError ERROR_IO_PENDINGを返します。

パラメーター

hFile

送信するデータを含むファイルへのハンドル。ファイルFILE_FLAG_SEQUENTIAL_SCANFILE_FLAG_OVERLAPPEDで開かれている必要があります。

dwFlags

ファイルに関連付けられた属性。既定では、 HSE_IO_DISCONNECT_AFTER_SENDです。参照してください ServerSupportFunctionで使用可能な属性の一覧については、Platform SDK

pstrHeader

ファイルのデータを送信する前に、ヘッダーを含む文字列へのポインター。ヘッダーは、受信側のブラウザーに送信されるデータの種類や表示方法を伝えています。場合はNULLヘッダーは送信されません。

dwHeaderLen

ヘッダーの長さ。既定では、0 です。PstrHeaderがないNULLdwHeaderLenが 0 の場合、関数は、Win32 関数を使用する lstrlenトレーラーの長さを見つけること。(この場合は、 pstrTrailer null で終わる文字列する必要があります。)

pstrTrailer

ファイルのデータを送信した後を送信するには、トレーラーを含む文字列へのポインター。NULLトレーラーが送られない場合。

dwTrailerLen

トレーラーの長さ。既定では、0 です。PstrTrailerNULLではないdwTrailerLen 0 と、関数は、トレーラーの長さを Win32 関数lstrlenを使用します。(この場合は、 pstrTrailer null で終わる文字列する必要があります。)

解説

ファイル、要求者に送信します。このメンバー関数は、 ServerSupportFunctionコマンド フラグHSE_REQ_TRANSMIT_FILEの操作を実行します。サーバーは、非同期的にこの操作を実行します。サーバーはこの操作を内部の非同期の I/O キューに送信して、呼び出し元に返します。MFC は、 HSE_STATUS_PENDINGを返す、コンテキストのオブジェクトを変更し、ヘッダーが自動的に送信されるため、コールバック MFC i/o の完了もm_bSendHeadersコンテキスト オブジェクトでFALSEを設定しますを示すときにHSE_DONE_WITH_SESSIONを使用します。

参照してください、 ピンボールサンプルのこのメンバー関数のデモ。

CHttpServerContext 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照してください。

CHttpServerContext::ServerSupportFunction

Index