CHttpFile::SendRequestEx

BOOL SendRequestEx (DWORD dwTotalLen、DWORD dwFlags HSR_INITIATE、DWORD = dwContext = 1);
(CInternetException) をスローします。

BOOL SendRequestEx (LPINTERNET_BUFFERS lpBuffIn、LPINTERNET_BUFFERS lpBuffOut、DWORD dwFlags HSR_INITIATE、DWORD = dwContext = 1 );
(CInternetException) をスローします。

戻り値

成功した場合は 0 だ。それ以外の場合は 0 です。呼び出しが失敗した場合は、スローされたCInternetExceptionオブジェクトを調べることによって、失敗の原因を判断します。

パラメーター

dwTotalLen

要求内で送信されるバイト数。

dwFlags

操作を記述するフラグ。適切なフラグの一覧についてを参照してください HttpSendRequestExで、プラットフォーム SDK

dwContext

CHttpFile操作のコンテキスト id。このパラメーターの詳細解説を参照してください。

lpBuffIn

ポインターを初期化する INTERNET_BUFFERSは、入力バッファーの操作に使用について説明します。

lpBuffOut

操作に使用される出力バッファーを表す、初期化されたINTERNET_BUFFERSへのポインター。

解説

要求を HTTP サーバーに送信するにはこのメンバー関数を呼び出します。この関数はCInternetFile書き込みWriteStringメソッドを使用してデータを送信するアプリケーションをできます。この関数のいずれかのオーバーライドを呼び出す前に送信するデータの長さを知る必要があります。最初のオーバーライドできます送信するデータの長さを指定します。2 番目のオーバーライドは非常に詳細でバッファーを記述するために使用することができますINTERNET_BUFFERS構造体へのポインターを受け入れる。

コンテンツがファイルに書き込まれた後、操作を終了するには、 EndRequestを呼び出す。

DwContextの既定値によって MFC CHttpFileオブジェクトに、 CHttpFileオブジェクトの作成、 CInternetSessionオブジェクトから送信されます。CInternetSession::OpenURLまたはCHttpConnectionCHttpFileオブジェクトを構築するを呼び出すときは、コンテキスト識別子を選択するのに値を設定する既定値をオーバーライドできます。コンテキスト id を識別オブジェクトのステータスを提供するには、 CInternetSession::OnStatusCallbackが返されます。参照してください インターネットの最初のステップ: WinInetコンテキスト id の詳細について。

このコードは、文字列の内容という名前の ISAPI DLL を送信します。サーバー上の DLL は MOOSEBOY をといいます。この例は 1 つだけの呼び出しWriteStringを使用して、複数の呼び出しを使用してデータをブロック単位で送信する許容が。

CString strData」はここに掲載するいくつか非常に長い !」; = データpServer 湿性に対する =GetHttpConnection("mooseboy");pFile pServer gt; = OpenRequest (CHttpConnection::HTTP_VERB_POST、」/isapi.dll?");pFile - > SendRequestEx(strData.GetLength());pFile - > WriteString(strData);pFile - > EndRequest()

CHttpFile 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CInternetFileCHttpFile::SendRequest(&N)

Index