CHtmlView::PutProperty

無効を PutProperty (LPCTSTR lpszProperty、const VARIANTamp;vtValue );(&A)

無効を PutProperty (LPCTSTR lpszPropertyName、ダブル dValue );

無効を PutProperty (LPCTSTR lpszPropertyName、長い左辺値 );

無効を PutProperty (LPCTSTR lpszPropertyName、LPCTSTR lpszValue );

無効を PutProperty (LPCTSTR lpszPropertyName、短い nValue );

パラメーター

lpszProperty

設定するプロパティを含む文字列。

vtValue

LpszPropertyによって示されるプロパティの新しい値。

lpszPropertyName

設定するプロパティの名前を含む文字列へのポインター。

dValue

プロパティの新しい値。

左辺値

プロパティの新しい値。

lpszValue

プロパティの新しい値を含む文字列へのポインター。

nValue

プロパティの新しい値。

解説

特定のオブジェクトに関連付けられたプロパティを設定するにはこのメンバー関数を呼び出します。

Internet Explorer と WebBrowser に適用されます。

CHtmlView 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CHtmlView::GetProperty IWebBrowser2::PutProperty(&N)

Index