CHtmlView::Create

仮想 BOOL Create(LPCTSTR lpszClassName, LPCTSTR lpszWindowName, DWORD dwStyle, const RECTamp;rectCWnd ※pParentWndUINTnIDCCreateContext ※pContext = NULL );(&A)

パラメーター

lpszClassName

Windows クラスの名前を null で終わる文字列へのポインター。クラス名は、 AfxRegisterWndClassグローバル関数またはRegisterClass Windows 関数が登録されている任意の名前をすることができます。NULLを使用する場合はcframewnd クラスの定義済みの既定の属性。

lpszWindowName

ウィンドウ名を表す null で終わる文字列へのポインター。

dwStyle

ウィンドウ スタイル属性を指定します。既定では、 WS_VISIBLEおよびWS_CHILDウィンドウ スタイルが設定されています。

rect

参照を サイズ、ウィンドウの位置を指定するRECT構造体。新しいウィンドウの位置とサイズを指定するrectDefault値ことができます。

pParentWnd

コントロールの親ウィンドウへのポインター。

nID

ビューの ID 番号。既定では、 AFX_IDW_PANE_FIRSTに設定します。

pContext

CCreateContextへのポインター。NULLデフォルト。

解説

WebBrowser コントロールまたはコンテナー用の Internet Explorer が実行可能ファイルを作成するにはこのメンバー関数を呼び出す。

CHtmlView 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

Index