ビュー クラス (Windows)

CViewとその派生クラス、フレーム ウィンドウのクライアント領域を表す子ウィンドウです。ビュー データを表示および入力ドキュメントを受け入れる。

ビュー クラスをドキュメント クラスおよびドキュメント テンプレート オブジェクトを使用して、フレーム ウィンドウ クラスに関連付けられてです。

CView

ドキュメントのデータのアプリケーション固有のビューの基本クラスです。ビューは、データを表示および編集したり、データを選択するには、ユーザー入力を受け入れます。独自のビュー クラスをCViewから派生します。

CScrollView

機能をスクロール ビューの基本クラスです。自動スクロールは、 CScrollViewからビュー クラスを派生します。

フォームとレコード ビュー

フォーム ビューもスクロール可能です。彼らはダイアログ ボックス テンプレートに基づく。

レコード ビューは、フォーム ビューから派生します。ダイアログ ボックス テンプレートに加えて、彼らも、データベースへの接続があります。

CFormView

レイアウト ダイアログ ボックス テンプレートで定義されているスクロール ビュー。ダイアログ ボックス テンプレートを基にユーザー インターフェイスを実装するには、 CFormViewからクラスを派生します。

CDaoRecordView

フォームを提供表示、データ アクセス オブジェクト (DAO) レコード セット オブジェクトに直接接続します。すべてのフォーム ビューのようなCDaoRecordViewをダイアログ ボックス テンプレートに基づいています。

CRecordView

フォームを提供表示はオープン データベース コネクティビティ (ODBC) レコード セット オブジェクトに直接接続します。すべてのフォーム ビューのように、 CRecordViewはダイアログ ボックス テンプレートをに基づいてです。

コントロール ビュー

コントロールのコントロールのビューとして表示します。

CCtrlView

Windows コントロールに関連付けられたすべてのビューの基本クラスです。上のコントロールを基にしたビューを説明します。

CEditView

Windows の標準を含むビューのエディット コントロール ( CEditを参照)。テキストの編集、検索、交換、および機能をスクロール コントロールのサポートを編集します。

CRichEditView

豊富な Windows を含むビューのエディット コントロール ( CRichEditCtrlを参照)。エディット コントロールの機能に加え、豊富なコントロール サポート フォント、色、段落の書式設定、および埋め込みの OLE オブジェクトを編集します。

CListView

Windows リスト コントロールを含むビュー ( CListCtrlを参照)。リスト コントロール項目のコレクションの各アイコンと、Windows 95 のエクスプ ローラーの右側のペインに同様の方法で、ラベルの表示します。

CTreeView

Windows のツリー コントロールを含むビュー ( CTreeCtrlを参照)。ツリー コントロールのアイコンと同様の Windows 95 のエクスプ ローラーで、左側のペインに配置されたラベルの階層リストが表示されます。

関連クラス

CSplitterWndは 1 つのフレーム ウィンドウ内で複数回にことができます。使う CPrintDialogCPrintInfo回の印刷および印刷プレビュー機能をサポートします。CRichEditDocCRichEditCntrItem CRichEditViewと OLE コンテナーの機能を実装するために使用されます。

CSplitterWnd

ユーザーが複数のペインに分割することができますウィンドウ。これらのペインは、ユーザーまたは固定サイズにサイズを変更することができます。

使う CPrintDialog

ファイルを印刷するための標準のダイアログ ボックスを提供します。

CPrintInfo

印刷または印刷プレビュー ジョブに関する情報を含む構造体。CViewの印刷アーキテクチャを使用。

CRichEditDoc

CRichEditViewの OLE クライアント項目のリストを保持します。

CRichEditCntrItem

クライアント側はCRichEditViewに格納されている OLE アイテムにアクセスできます。

Index