出力 (デバイス コンテキスト) クラス

これらのクラスをカプセル化する Windows で使用可能なデバイス コンテキストの種類。

次のクラスのほとんどは Windows デバイス コンテキストへのハンドルをカプセル化します。デバイス コンテキストは、ディスプレイやプリンターなどのデバイスの描画属性についての情報を含む Windows オブジェクトです。図面のすべての呼び出しは、デバイス コンテキスト オブジェクトを作られています。追加のクラスをCDCから派生された Windows メタファイルのサポートを含む特殊なデバイス コンテキストの機能をカプセル化します。

CDC

デバイス コンテキストの基本クラスです。直接全体の表示へのアクセスとプリンターなどのディスプレイ以外のデバイス コンテキストへのアクセスを使用。

CPaintDC

Windows のOnPaintメンバー関数で使用されるディスプレイ コンテキスト。自動的にBeginPaintを建設と一時的に破壊を呼び出します。

CClientDC

ウィンドウのクライアント領域のディスプレイ コンテキスト。、たとえば、すぐに応答するにはマウス イベントの描画に使用。

Cwindowdc クラス

両方、クライアント領域と非クライアント領域を含めたウィンドウ全体のディスプレイ コンテキスト。

CMetaFileDC

Windows メタファイルのデバイス コンテキスト。Windows メタファイルにはイメージを作成するのに再生することができますグラフィックス デバイス インターフェイス (GDI) コマンドのシーケンスが含まれています。CMetaFileDCのメンバー関数を呼び出し、メタファイルに記録されます。

関連クラス

CPoint

保持して (x, y) 座標ペア。

CSize

距離、相対位置、または値のペアを保持します。

CRect

長方形の領域の座標を保持します。

CRgn

ウィンドウ内の楕円形、多角形、または不規則な領域を操作するための GDI 領域をカプセル化します。CDCクラスのクリッピング メンバー関数と組み合わせて使用。

CRectTracker

表示し、サイズを変更して四角形のオブジェクトを移動するためのユーザー インターフェイスを処理。

CColorDialog

色を選択するための標準のダイアログ ボックスを提供します。

CFontDialog

フォントを選択するための標準のダイアログ ボックスを提供します。

使う CPrintDialog

ファイルを印刷するための標準のダイアログ ボックスを提供します。

Index