OLE コントロール クラス

これらの OLE コントロールを作成するときを使用する主なクラスです。COleControlModuleクラスは OLE コントロール モジュールでは、アプリケーションでCWinAppクラスのようです。各モジュールでは、1 つまたは複数の OLE コントロールを実装する;これらのコントロールは、 COleControlオブジェクトによって表されます。これらのコントロールCConnectionPointオブジェクトを使用して、コンテナーと通信します。

COlePropertyPageCPropExchangeクラス、プロパティ ページ、コントロールのプロパティの永続化を実装することが、 CPictureHolderCFontHolderクラスの COM インターフェイスの写真やフォント、カプセル化します。

COleControlModule

CWinAppクラス、OLE コントロール モジュールを置き換えます。OLE コントロール モジュール オブジェクトを開発するCOleControlModuleクラスから派生します。メンバー関数は、OLE コントロールのモジュールを初期化するため。

COleControl

OLE コントロールを開発するには、 COleControlクラスから派生します。CWndから派生した、このクラスはすべて、Windows ウィンドウ オブジェクトの機能に加え、イベントの起動やメソッドとプロパティをサポートする機能など、追加の OLE 固有の機能を継承します。

CConnectionPoint

CConnectionPointクラスは特殊な「コネクション ポイント」と呼ばれる他の OLE オブジェクトと通信に使用されるインターフェイスを定義しますコネクション ポイントや変更通知のイベントの発生など、その他のオブジェクトのアクションを開始することができるアウトゴーイング インターフェイスを実装します。

CPictureHolder

Windows picture オブジェクトと、 IPicture COM インターフェイスの機能をカプセル化;OLE コントロールのカスタム ピクチャ プロパティを実装するために使用。

CFontHolder

Windows フォント オブジェクトとIFont COM インターフェイスの機能をカプセル化;OLE コントロールのストック フォント プロパティを実装するために使用。

COlePropertyPage

OLE のプロパティ] ダイアログ ボックスに似たグラフィカルなインターフェイスで制御表示。

CPropExchange

プロパティの永続性の実装では、OLE コントロールをサポートしています。ダイアログ ボックスをCDataExchangeに似ています。

CMonikerFile

モニカーまたはモニカーにすることができます、文字列表現を取得し、同期的に、モニカーは名前がストリームにバインド。

CAsyncMonikerFile

同様にCMonikerFileの作品;しかし、それ、モニカー非同期モニカーの名前である、ストリームにバインドします。

CDataPathProperty

非同期的に読み込むことができますプロパティを実装する OLE を制御します。

CCachedDataPathProperty

実装 OLE コントロール非同期的に転送し、メモリ ファイルのキャッシュのプロパティ。

COleCmdUI

Active ドキュメント コンテナーのユーザー インターフェイス (FileNew、開く、印刷などなど) に由来するコマンドを受け取ることができ。、アクティブ ドキュメントのユーザー インターフェイスで発生するコマンドを受け取ることができます。

COleSafeArray

任意の型および次元の配列の取り扱い。

Index