OLE コンテナー クラス

これらのクラスは、コンテナー アプリケーションで使用されます。COleLinkingDocCOleDocumentの両方は、 COleClientItemオブジェクトのコレクションを管理します。ドキュメント クラスにCDocumentから派生することのではなくCOleLinkingDocから派生されますまたは、 COleDocument、かどうかは、サポート オブジェクトへのリンクを必要に応じて、あなたのドキュメントに埋め込まれました。

COleClientItemオブジェクトを使用して別のドキュメントから埋め込まれているか、別のドキュメントへのリンクをドキュメント内の各 OLE アイテムを表現するには。

COleDocument

複合ドキュメントの実装として基本的なコンテナー サポートを使用します。CDocItemから派生したクラスのコンテナーとして機能します。このクラスは基本クラスとしてコンテナー ドキュメントを使用することができ、 COleServerDocの基本クラス。

COleLinkingDoc

リンクするためのインフラストラクチャを提供COleDocumentから派生するクラス。埋め込みオブジェクトへのリンクをサポートする場合、ドキュメント クラス、コンテナー アプリケーションの代わりに、このクラスからはCOleDocumentから派生する必要があります。

CRichEditDoc

リッチ エディット コントロールで OLE クライアント項目のリストを保持します。CRichEditViewCRichEditCntrItemを使用。

CDocItem

COleClientItemCOleServerItemの抽象基本クラス。CDocItemから派生したクラスのオブジェクトをドキュメントの一部を表す。

COleClientItem

埋め込みまたはリンクされた OLE アイテムへの接続のクライアント側を表すクライアント アイテム クラス。このクラスから、クライアント アイテムを派生します。

CRichEditCntrItem

CRichEditViewCRichEditDocを使用すると、リッチ エディット コントロールに格納されている OLE アイテムへのクライアント アクセスを提供します。

COleException

OLE 処理の失敗による例外。このクラスは、コンテナーとサーバーの両方で使用されます。

Index