COleInsertDialog::DoModal

仮想 int DoModal ( );

int DoModal (DWORD dwFlags );

戻り値

ダイアログ ボックスの完了ステータス。次の値の 1 つ:

パラメーター

dwFlags

次の値の 1 つ:

COleInsertDialog::DocObjectOnly DocObjects だけを挿入します。

COleInsertDialog::ControlsOnly ActiveX コントロールのみを挿入します。

0 の場合は、 DoModal DocObject も ActiveX コントロールを挿入する;上記の最初のプロトタイプと同じ実装の結果します。

解説

OLE の [オブジェクトの挿入] ダイアログ ボックスを表示するには、この関数を呼び出す。

M_ioのメンバーを設定して、ダイアログ ボックスの各コントロールを初期化するが、ダイアログ オブジェクトの構築後、 DoModalを呼び出す前にする必要があります。

DoModalIDOKを返した場合は、設定または、ダイアログ ボックス、ユーザーへの情報入力を取得するほかのメンバー関数を呼び出すことができます。

COleInsertDialog 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleDialog::GetLastErrorCDialog::DoModalCOleInsertDialog::GetSelectionTypeCOleInsertDialog::GetClassIDCOleInsertDialog::GetDrawAspectCOleInsertDialog::GetIconicMetafileCOleInsertDialog::GetPathNameCOleInsertDialog::m_io(&N)

Index