COleDropTarget::OnDropEx

仮想 DROPEFFECT OnDropEx ( CWnd ※ pWnd, COleDataObject ※ pDataObject, DROPEFFECT dropDefault, DROPEFFECT 日本語, CPoint ポイント );

戻り値

ポイントで指定された位置の結果、ドロップ効果。ドロップ効果、「解説」に記載されて。

パラメーター

pWnd

カーソルが現在あるウィンドウへのポインター。

pDataObject

削除するデータを含むデータ オブジェクトを指す。

dropDefault

ユーザーが選択した現在のキーの状態に基づいて既定のドロップ操作の効果。それは場合は、DROPEFFECT_NONEをすることができます。ドロップ効果、「解説」に記載されて。

ドロップ ダウン リスト

ドロップ ソースがサポートするドロップ効果の一覧。ドロップ効果の値のビットごとの OR を使用して組み合わせることができます (|) 操作。ドロップ効果、「解説」に記載されて。

ポイント

画面を基準にピクセル単位でのカーソルの位置が含まれています。

解説

ドロップ操作が発生するときに、フレームワークによって呼び出されます。フレームワークは最初にこの関数を呼び出します。それはドロップを処理しない場合は、フレームワークはOnDropを呼び出します。通常、マウスの右ボタンのドラッグ アンド ドロップをサポートするために、ビュー クラスのOnDropExがオーバーライドされます。通常、ビュークラスOnDropは単純なドラッグ アンド ドロップ サポートのケースを処理するために使用されます。

COleDropTarget::OnDropExの既定の実装は、 CView::OnDropExを呼び出します。既定では、 CView::OnDropExは単にOnDropメンバー関数を呼び出す必要がありますを示すために、ダミーの値を返します。

ドロップ効果、ドロップ操作に関連付けられたアクションをについて説明します。次のドロップ効果の一覧を参照してください。:

詳細についてを参照してください IDropTarget::Drop OLE 2 プログラマーズ リファレンス ボリューム 1

COleDropTarget 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleDropTarget::OnDragOverCOleDropTarget::OnDragEnter(&N)

Index