COleDropTarget::OnDragOver

仮想 DROPEFFECT OnDragOver ( CWnd ※ pWnd, COleDataObject ※ pDataObject, DWORD dwKeyState, CPoint ポイント );

戻り値

この効果は、ドロップポイントによって指定された場所で行われた場合に発生します。それは 1 つまたは複数、次のことができます。:

パラメーター

pWnd

カーソルがウィンドウへのポインター。

pDataObject

削除するデータを含むデータ オブジェクトを指す。

dwKeyState

修飾子キーの状態が含まれています。これは任意の数の次の組み合わせです: MK_CONTROLMK_SHIFTMK_ALTMK_LBUTTONMK_MBUTTONMK_RBUTTON

ポイント

クライアント座標でのカーソルの現在の場所が含まれています。

解説

カーソルがウィンドウ上がドラッグされたときに、フレームワークによって呼び出されます。この関数をオーバーライドして、ドロップ操作ウィンドウでを発生するようにする必要があります。CView::OnDragOver場合は、DROPEFFECT_NONEデフォルトを返します、この関数の既定の実装を呼び出します。この関数は、ドラッグ アンド ドロップ操作中に頻繁に呼び出されるため、それ、できるだけ最適化してください。

詳細についてを参照してください IDropTarget::DragOver OLE 2 プログラマーズ リファレンス ボリューム 1

COleDropTarget 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleDropTarget::OnDragEnterCOleDropTarget::OnDragLeaveCOleDropTarget::OnDropCOleDropTarget::OnDropEx(&N)

Index