COleDropSource::QueryContinueDrag

仮想 SCODE QueryContinueDrag ( BOOL bEscapePressed、 DWORD dwKeyState ;

戻り値

場合は、ESC キーまたは右ボタンが押された、または左ボタンDRAGDROP_S_CANCEL開始をドラッグする前に発生します。場合は、ドロップ操作が発生する必要がありますDRAGDROP_S_DROP 。それ以外の場合はS_OK

パラメーター

bEscapePressed

COleDropSource::QueryContinueDragの最後の呼び出し以降、ESC キーが押されたかどうかを示す。

dwKeyState

キーボードの修飾子キーの状態が含まれています。これは任意の数の次の組み合わせです: MK_CONTROLMK_SHIFTMK_ALTMK_LBUTTONMK_MBUTTONMK_RBUTTON

解説

ドラッグが開始された後は、ドラッグ操作がキャンセルまたは完了ですまでに、フレームワークによってこの関数が繰り返し呼び出されます。この関数では、ドラッグ ポイントを変更する場合はキャンセルされますオーバーライドまたはドロップを発生します。

既定の実装は、ドロップを開始または、次のように、ドラッグをキャンセルします。ESC キーまたはマウスの右ボタンが押されたときにドラッグ操作をキャンセルします。ドラッグ開始後、マウスの左ボタンが発生すると、ドロップ操作が開始されます。それ以外の場合はS_OKを返します、さらに操作を実行しません。

この関数は頻繁に呼び出されるため、それ、できるだけ最適化してください。

COleDropSource 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleDropSource::OnBeginDragCOleDropTarget::OnDrop(&N)

Index