COleDocument クラス メンバー

建設

COleDocument COleDocumentオブジェクトを構築します。

操作

HasBlankItems ドキュメント内の空白の項目をチェック。
EnableCompoundFile OLE 構造化ストレージ ファイル形式を使用して格納されるドキュメントを原因します。
GetInPlaceActiveItem 現在のインプレース アクティブ OLE アイテムを返します。
GetStartPosition イテレーションを開始するには、初期位置を取得します。
GetNextItem 反復処理するためにドキュメントの次のアイテムを取得します。
GetNextClientItem 反復処理するためにクライアントの次の項目を取得します。
GetNextServerItem 反復処理するためにサーバーの次の項目を取得します。
UpdateModifiedFlag ドキュメントに含まれている OLE アイテムのいずれかが変更されている場合は変更としてマークします。
ApplyPrintDevice ドキュメント内のすべてのクライアント アイテムのセット、印刷ターゲット デバイス。
AddItem ドキュメントに保持される項目の一覧に項目を追加します。
RemoveItem ドキュメントに保持される項目の一覧から項目を削除します。

オーバーライド

GetPrimarySelectedItem ドキュメントで、主選択されている OLE アイテムを返します。
OnShowViews 表示または非表示、文書になるときに呼び出されます。

メール関数

OnFileSendMail メール メッセージを添付ドキュメントを送信します。

メッセージ ハンドラー

OnEditChangeIcon アイコンの変更] メニュー コマンドでのイベントの処理。
OnEditConvert 1 つの型から別への埋め込みまたはリンク オブジェクトの変換を処理します。
OnEditLinks リンク コマンド [編集] メニューでイベントの処理。
OnUpdateEditChangeIcon アイコンの編集/変更] メニューの [オプションのコマンド UI を更新するには、フレームワークによって呼び出されます。
OnUpdateEditLinksMenu メニュー オプションの編集リンクのコマンド UI を更新するには、フレームワークによって呼び出されます。
OnUpdateObjectVerbMenu 編集のコマンド UI を更新するには、フレームワークによって呼び出されます/ObjectName ] メニューの [オプションと [Verb] サブメニュー アクセスから編集・ObjectName
OnUpdatePasteLinkMenu [貼り付け] メニュー オプションのコマンド UI を更新するには、フレームワークによって呼び出されます。
OnUpdatePasteMenu [貼り付け] のコマンド UI を更新するには、フレームワークによって呼び出されます。

COleDocument 概要|nbsp;基本クラスのメンバー |階層図(&N)

Index