COleDocument::GetNextServerItem

COleServerItem ※ GetNextServerItem ( POSITIONamp; pos ) const;(&A)

戻り値

次のサーバー アイテム、ドキュメント、またはないより多くのサーバー アイテムがある場合NULLへのポインター。

パラメーター

pos

GetNextServerItem以前の呼び出しによって設定、位置の値への参照。初期値は、 GetStartPositionメンバー関数が返される。

解説

各サーバー内のアイテムをドキュメントに繰り返しアクセスするには、この関数を呼び出します。呼び出すたびに、 posの値可能性がありますまたは、サーバー アイテムをできない可能性があります、文書内の次のアイテムに設定されています。

//COleDocument::GetNextServerItem の例//pDoc ポイント、COleDocument オブジェクト位置 pos pDoc gt; =GetStartPosition();COleServerItem ※ pItem;中 ((pItem = pDoc - > GetNextServerItem (pos))! = NULL){・ pItem を使用}

COleDocument 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleServerItemCOleDocument::GetStartPositionCOleDocument::GetNextClientItemCOleDocument::GetNextItem(&N)

Index