COleDocument::GetNextClientItem

COleClientItem ※ GetNextClientItem ( POSITIONamp; pos ) const;(&A)

戻り値

次のクライアント アイテム、ドキュメント、またはクライアントの項目がない場合NULLへのポインター。

パラメーター

pos

GetNextClientItem以前の呼び出しによって設定、位置の値への参照。初期値は、 GetStartPositionメンバー関数が返される。

解説

各クライアント内のアイテムをドキュメントに繰り返しアクセスするには、この関数を呼び出します。呼び出すたびに、 posの値はクライアント アイテムをできない可能性がありますまたは可能性があります、文書内の次のアイテムに設定されています。

//COleDocument::GetNextClientItem の例//pDoc ポイント、COleDocument オブジェクト位置 pos pDoc gt; =GetStartPosition();COleClientItem ※ pItem;中 ((pItem = pDoc - > GetNextClientItem (pos))! = NULL){・ pItem を使用}

COleDocument 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleClientItemCOleDocument::GetStartPositionCOleDocument::GetNextServerItemCOleDocument::GetNextItem(&N)

Index