COleDocObjectItem::ExecCommand

HRESULT ExecCommand (DWORD nCmdID、DWORD nCmdExecOpt OLECMDEXECOPT_DONTPROMPTUSER、const GUID ※ = pguidCmdGroup = NULL);

戻り値

戻り値S_OK成功した;それ以外の場合、次のエラー コードのいずれかを返します。

説明
E_UNEXPECTED 予期しないエラーが発生しました。
E_FAIL エラーが発生しました。
E_NOTIMPL MFC を示します自体の変換およびコマンドをディスパッチする必要があります。
OLECMDERR_E_UNKNOWNGROUP pguidCmdGroup非 -NULLですがない認識されるコマンドのグループを指定します。
OLECMDERR_E_NOTSUPPORTED nCmdIDグループ pGroup で有効なコマンドとして認識されていません。
OLECMDERR_DISABLED NCmdIDでされたコマンドは無効になり、実行することはできません。
OLECMDERR_NOHELP NCmdIDで識別される、コマンドの呼び出し元に助けを求めたが、ヘルプがありません。
OLECMDERR_CANCELLED ユーザーが実行をキャンセル。

パラメーター

nCmdID

実行するコマンドの識別子。PguidCmdGroupによって識別されたグループである必要があります。

nCmdExecOpt

コマンドの実行オプションを指定します。既定では、ユーザーに確認せず、コマンドを実行します。参照してください OLECMDEXECOPT値の一覧。

pguidCmdGroup

コマンド グループの一意の識別子。既定では、標準のグループを指定NULLNCmdIDで渡されたコマンドは、グループに属する必要があります。

解説

ユーザーが指定したコマンドを実行するにはこのメンバー関数を呼び出す。

PguidCmdGroupと一緒のnCmdIDパラメーターに呼び出すコマンドを一意に識別します。NCmdExecOptパラメーターの正確な動作を指定します。

COleDocObjectItem 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価; IOleCommandTarget::Exec(&N)

Index