COleDateTimeSpan::Format

CString 形式 (LPCTSTR pFormat ) const;

CString 形式 (UINT nID ) const;

戻り値

書式設定された日付/時間の値が含まれているCString

パラメーター

pFormat

文字列の書式設定、 printfに類似した書式指定文字列。書式指定コードは、パーセント (%) 記号が付いて、対応するCOleDateTimeSpanコンポーネントによって置き換えられます。その他の文字の書式指定文字列には、返される文字列にコピーされます。ランタイム関数を参照してください strftimeの詳細。以下の値と形式の書式指定コードの意味を示します

nID

コントロールの書式設定文字列のリソース ID。

解説

時間間隔の値の書式設定された表現を作成するこれらの関数を呼び出します。このCOleDateTimeSpanオブジェクトの状態が null の場合は、戻り値は空の文字列です。状態が有効でない場合は、返される文字列は文字列リソースIDS_INVALID_DATETIMESPANが指定されて。

この関数はフォームの簡単な説明に従います:

形式 ( pFormat

このフォームは、パーセント記号 (%)、 printfのように先行する特別な書式設定コードを含む、書式指定文字列を使用して値を書式設定します。書式指定文字列をパラメーターとして関数に渡される。

形式 ( nID

このフォームは、パーセント記号 (%)、 printfのように先行する特別な書式設定コードを含む、書式指定文字列を使用して値を書式設定します。書式指定文字列はリソースです。この文字列リソースの ID をパラメーターとして渡される。

この関数で使用される書式指定コードの詳細についてを参照してください strftime、wcsftime ランタイム ライブラリ リファレンス

ロケール ID の値の一覧についてを参照してください をサポートする複数の国の言語は、 Win32 SDK OLE プログラマ リファレンス

COleDateTimeSpan 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleDateTimeSpan::GetStatus(&N)

Index