COleDateTime::ParseDateTime

BOOL ParseDateTime (LPCTSTR lpszDate、DWORD dwFlags = 0、LCID lcid LANG_USER_DEFAULT =);
(CMemoryException) をスロー;
(COleException) をスロー;

戻り値

文字列が日付/時刻値をそれ以外の場合 0 が正常に変換された場合は 0 以外。

パラメーター

lpszDate

解析するには、null で終わる文字列へのポインター。詳細については、「解説」を参照してください。

dwFlags

ロケールの設定と解析のためのフラグを示します。1 つまたは複数、次のフラグ:

lcid

変換に使用するロケール id します。

解説

日付/時刻値を読み取るには、文字列を解析するにはこのメンバー関数を呼び出します。文字列が正常に、日付/時刻値に変換された場合は、このCOleDateTimeオブジェクトの値は、値とその状態を有効に設定されて。

特価;年の値は、100 〜 9999 年の間に包括的ある必要があります。(&N)。

LpszDateパラメーターは、さまざまな形式を取ることができます。たとえば、許容可能な日付と時刻の形式は次の文字列を含む:

「1996 年 1 月 25 日」「8:30:00"「20:30:00"「1996 年 1 月 25 日 8:30:00"「8:30:00 1996 年 1 月 25 日」「1996/01/25 8:30:00」特価;・年間、常に指定//'短い日付の形式で(&N)

文字列形式の日付時刻値に変換かどうかは、ロケール ID にも影響します。

VAR_DATEVALUEONLYの場合、時間の値は 0、または午前 0 時に設定されます。VAR_TIMEVALUEONLYの場合、日付値は日付 0、1899 年 12 月 30 日を意味する設定されて。

場合は、文字列を日付時刻値に変換できませんでした、またはがある場合、数値のオーバーフローは、このCOleDateTimeオブジェクトの状態が無効です。

メモリ割り当てエラーのために、文字列の変換が失敗した場合は、この関数は、 CMemoryExceptionをスローします。その他のエラー状態では、この関数はCOleException をスローします。

ロケール ID の値の一覧についてを参照してください をサポートする複数の国の言語は、 Win32 SDK OLE プログラマ リファレンス

境界とCOleDateTime値の実装については、参照してください 日付と時刻: オートメーションのサポートVisual の C++ プログラマのガイド

COleDateTime 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleDateTime::FormatCOleDateTime::GetStatus(&N)

Index