COleDateTime::Format

CString 形式 (DWORD dwFlags lcid = 0、LCID = LANG_USER_DEFAULT =);

CString 形式 (LPCTSTR lpszFormat ) const;

CString 形式 (UINT nFormatID ) const;

戻り値

書式設定された日付と時刻の値が含まれているCString

パラメーター

dwFlags

ロケールの設定、おそらく次のフラグのフラグを示します:

lcid

変換に使用するロケール id します。

lpszFormat

文字列の書式設定、 printfに類似した書式指定文字列。書式指定コードは、パーセント (%) 記号が付いて、 COleDateTimeの対応するコンポーネントによって置き換えられます。その他の文字の書式指定文字列には、返される文字列にコピーされます。ランタイム関数を参照してください strftimeの詳細。以下の値と形式の書式指定コードの意味を示します

nFormatID

コントロールの書式設定文字列のリソース ID。

解説

日付と時刻の値の書式設定された表現を作成するにはこのメンバー関数を呼び出します。このCOleDateTimeオブジェクトの状態が null の場合は、戻り値は空の文字列です。状態が有効でない場合は、返される文字列は文字列リソースIDS_INVALID_DATETIMEが指定されて。

この関数の 3 つの形式の簡単な説明に従います:

形式 ( dwFlags, lcid

このフォーム国別言語指定 (ロケール Id) を使用して値の日付と時刻の形式します。日付/時刻値の日付部分が日付 0 (1899 年 12 月 30 日) の場合にのみ、既定のパラメーターを使用して、このフォームが印刷されます。同様に、日付/時刻値の時刻の部分が時間 0 (午前 0 時) の場合にのみ、日付既定パラメーターでは、このフォーム印刷されます。日付/時刻値が 0 (1899 年 12 月 30 日、午前 0 時) の場合は、このフォームの既定のパラメーターを深夜印刷されます。

形式 ( lpszFormat

このフォームは、パーセント記号 (%)、 printfのように先行する特別な書式設定コードを含む、書式指定文字列を使用して値を書式設定します。書式指定文字列をパラメーターとして関数に渡されます。書式指定コードの詳細についてを参照してください strftime、wcsftime ランタイム ライブラリ リファレンス

形式 ( nFormatID

このフォームは、パーセント記号 (%)、 printfのように先行する特別な書式設定コードを含む、書式指定文字列を使用して値を書式設定します。書式指定文字列はリソースです。この文字列リソースの ID は、パラメーターとして渡されます。書式指定コードの詳細についてを参照してください strftime、wcsftime ランタイム ライブラリ リファレンス

ロケール ID の値の一覧についてを参照してください をサポートする複数の国の言語は、 Win32 SDK OLE プログラマ リファレンス

COleDateTime 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleDateTime::ParseDateTimeCOleDateTime::GetStatus(&N)

Index