COleDataSource::OnSetData

仮想 BOOL OnSetData ( LPFORMATETC lpFormatEtc, LPSTGMEDIUM lpStgMedium, BOOL bRelease );

戻り値

成功した場合は 0 だ。そうでなければ 0。

パラメーター

lpFormatEtc

ポイント、 でデータが交換される形式を指定するFORMATETC構造体。

lpStgMedium

ポイント、 COleDataSourceオブジェクトの現在の内容を置換するデータを含むSTGMEDIUM構造。

bRelease

ストレージ メディアの所有権は、関数呼び出しの完了後を示します。人に代わってストレージ メディアを割り当てられたリソースを解放する責任がある、呼び出し元を決定します。呼び出し元この設定bReleaseでは。BReleaseが 0 以外の場合は、データ ソース、使用が完了したら、メディアを解放、所有権します。BReleaseが 0 の場合は、呼び出し元の所有権を保持し、データ ソース、ストレージ メディアの呼び出しの間にのみ使用できます。

解説

設定または、 COleDataSourceオブジェクトを指定された形式のデータを置き換えるのために、フレームワークによって呼び出されます。データ ソースは、それが正常に取得するまで、データの所有権はなりません。OnSetDataが 0 を返す場合は、所有権を持ちません。データ ソースが所有権を取得する場合は、それを呼び出すことによって、ストレージ メディア解放、 ReleaseStgMedium関数。

既定の実装では何もしません。指定した形式でデータを交換するには、この関数をオーバーライドします。これは、高度なオーバーライド。

詳細についてを参照してください、 STGMEDIUM FORMATETC構造体と ReleaseStgMedium :getdataの機能で、 OLE 2 プログラマーズ リファレンス、ボリューム 1

COleDataSource 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleDataSource::DelaySetDataCOleDataSource::OnRenderDataCOleDataSource::OnRenderFileDataCOleDataSource::OnRenderGlobalDataCOleServerItem::OnSetData(&N)

Index