COleDataSource::OnRenderData

仮想 BOOL OnRenderData ( LPFORMATETC lpFormatEtc, LPSTGMEDIUM lpStgMedium );

戻り値

成功した場合は 0 だ。そうでなければ 0。

パラメーター

lpFormatEtc

ポイント、 情報の要求の形式を指定するFORMATETC構造体。

lpStgMedium

ポイントは STGMEDIUM構造のデータが返される。

解説

指定した形式のデータを取得するために、フレームワークによって呼び出されます。指定した形式を 1 つ以前遅延レンダリングをDelayRenderDataまたはDelayRenderFileDataのメンバー関数を使用して、 COleDataSourceオブジェクトに配置です。指定されたストレージ メディアは、ファイルまたはメモリにある場合、この関数の既定の実装はOnRenderFileDataまたはOnRenderGlobalDataを呼び出します。これらの形式のどちらも指定した場合は、既定の実装は 0 を返すし、何もしません。MFC で処理される遅延レンダリングの詳細については、資料を参照してください データ オブジェクトとデータ ソース: 操作 Visual の C++ プログラマのガイド

場合lpStgMediumgt;tymedTYMED_NULLSTGMEDIUMを割り当て、指定として入力する必要がありますlpFormatEtc - > tymed。それTYMED_NULLではない場合、 STGMEDIUMデータと入力する必要があります。

これは、高度なオーバーライド。要求したフォーマットとメディアにデータを供給するには、この関数をオーバーライドします。あなたのデータによっては、この関数の他のバージョンのいずれかをオーバーライドすることがあります。データを小さな、固定サイズの場合は、 OnRenderGlobalDataをオーバーライドします。データ ファイルに、または変数のサイズの場合は、 OnRenderFileData をオーバーライドします。

詳細についてを参照してください、 STGMEDIUM FORMATETC構造、 TYMED列挙型、および :getdata で、 OLE 2 プログラマーズ リファレンス、ボリューム 1

COleDataSource 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleDataSource::DelayRenderDataCOleDataSource::DelayRenderFileDataCOleDataSource::OnRenderFileDataCOleDataSource::OnRenderGlobalDataCOleDataSource::OnSetData(&N)

Index