COleDataSource::DoDragDrop

DROPEFFECT DoDragDrop ( DWORD dwEffects = DROPEFFECT_COPY|DROPEFFECT_MOVE|DROPEFFECT_LINK、 LPCRECT lpRectStartDrag = NULL COleDropSource ※ pDropSource = NULL );

戻り値

ドラッグ アンド ドロップ操作によって生成された効果を削除;ユーザーは指定された四角形を離れる前にマウス ボタンが離さため操作を決して始まる場合それ以外の場合は、DROPEFFECT_NONE

パラメーター

dwEffects

このデータ ソースで許可されているドラッグ アンド ドロップ操作。1 つまたは複数、次のことができます。:

lpRectStartDrag

実際には、ドラッグの開始位置を定義する四角形へのポインター。詳細については、次の「解説」セクションを参照してください。

pDropSource

ドロップ ソースを指します。NULLCOleDropSourceの既定の実装を使用する場合。

解説

このデータ ソースをドラッグ アンド ドロップ操作は通常、 CWnd::OnLButtonDownハンドラーで実行するには、 DoDragDropメンバー関数を呼び出します。

ドラッグ アンド ドロップ操作は、すぐには開始されません。それは、 lpRectStartDragまたは、指定されたミリ秒数を経過するまでの指定された四角形のマウス カーソルの葉まで待機します。LpRectStartDragNULLの場合は、四角形のサイズを 1 ピクセルです。

遅延時間は、レジストリ キーの設定によって指定されます。遅延時間を変更するにはCWinApp::WriteProfileStringまたはCWinApp::WriteProfileIntを呼び出すことによってすることができます。遅延時間を指定しない場合は、200 ミリ秒の既定値が使用されます。ドラッグ遅延時間が、次のように格納されています。

方法についての詳細をドラッグの遅延情報かのレジストリに格納されますか。INI ファイルを参照してください :: WriteProfileString プラットフォーム SDK

詳細については、参照してください ドラッグ アンド ドロップ: ドロップ ソースの実装 Visual の C++ プログラマのガイド

COleDataSource 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleDropSource::OnBeginDragCOleDropSource(&N)

Index