COleDataSource::DelaySetData

void DelaySetData ( CLIPFORMAT cfFormat, LPFORMATETC lpFormatEtc = NULL const;

パラメーター

cfFormat

データの配置するクリップボード形式。このパラメーターは、定義済みクリップボード形式またはネイティブ Windows によって返される値の 1 つをすることができます RegisterClipboardFormat関数。

lpFormatEtc

ポイントは でデータが交換する形式を記述するFORMATETC構造体。CfFormatで指定されたクリップボード形式以外の追加の書式情報を指定する場合、値はこのパラメーターを指定します。NULLの場合は、 FORMATETC構造体の他のフィールドの既定値が使用されます。

解説

データ ソースの内容の変更をサポートするには、この関数を呼び出します。OnSetDataはこれが起こるとき、フレームワークによって呼び出されます。これは、framework データ ソースCOleServerItem::GetDataSourceから制御が戻るときにのみ使用されます。DelaySetDataが呼び出されない場合は、 OnSetData関数が呼び出されます。DelaySetDataは、サポート各クリップボードまたはFORMATETC形式を呼び出す必要があります。

詳細についてを参照してください、 FORMATETC構造体は、 OLE 2 プログラマーズ リファレンス、ボリューム 1

詳細についてを参照してください RegisterClipboardFormat Win32 マニュアル。

COleDataSource 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleServerItem::GetDataSourceCOleDataSource::OnSetData(&N)

Index