COleDataSource::CacheData

void CacheData ( CLIPFORMAT cfFormat, LPSTGMEDIUM lpStgMedium, LPFORMATETC lpFormatEtc = NULL );

パラメーター

cfFormat

データで提供するクリップボード形式。このパラメーターは、定義済みクリップボード形式またはネイティブ Windows によって返される値の 1 つをすることができます RegisterClipboardFormat関数。

lpStgMedium

ポイントは 指定された形式のデータを含むSTGMEDIUM構造。

lpFormatEtc

ポイントは でデータが提供する形式を記述するFORMATETC構造体。CfFormatで指定されたクリップボード形式以外の追加の書式情報を指定する場合、値はこのパラメーターを指定します。NULLの場合は、 FORMATETC構造体の他のフィールドの既定値が使用されます。

解説

データは転送操作中にデータ提供されるが、形式を指定するには、この関数を呼び出します。即時レンダリングを使用して、この機能を提供するため、データを供給する必要があります。必要になるまで、データがキャッシュされています。

使用して、データを供給する STGMEDIUM構造。提供するデータの量、 HGLOBAL.nbsp を効率的に使用する転送十分に小さい場合もCacheGlobalDataメンバー関数を使用することができます。(&N);

CacheDataの呼び出し後、 ptdメンバーのlpFormatEtclpStgMediumの内容が所有している、呼び出し元ではなく、データ オブジェクト。

遅延レンダリングを使用するには、 DelayRenderDataまたはDelayRenderFileDataのメンバー関数を呼び出します。MFC で処理される遅延レンダリングの詳細については、資料を参照してください データ オブジェクトとデータ ソース: 操作 Visual の C++ プログラマのガイド

詳細についてを参照してください、 STGMEDIUM FORMATETC構造で、 OLE 2 プログラマーズ リファレンス、ボリューム 1

詳細についてを参照してください RegisterClipboardFormat Win32 マニュアル。

COleDataSource 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleDataSource::CacheGlobalDataCOleDataSource::DelayRenderDataCOleDataSource::DelayRenderFileDataCOleDataSource::SetClipboardCOleDataSource::DoDragDrop(&N)

Index