COleDataObject

COleDataObject基本クラスがありません。

COleDataObjectクラスは、さまざまな形式をクリップボードからデータを取得するを転送をドラッグ アンド ドロップ、データまたは埋め込まれた OLE アイテムから使用されます。これらの種類データ転送にはには、ソースと宛先が含まれます。データ ソースは、 COleDataSourceクラスのオブジェクトとして実装されています。送信先アプリケーションにドロップされたデータまたはクリップボードからの貼り付け操作の実行が要求されるたびに、 COleDataObjectクラスのオブジェクトを作成する必要があります。

このクラスは指定した形式でデータが存在するかどうかを確認することができます。使用可能なデータ形式を列挙することができます、特定の形式が利用可能であるかどうかを確認や希望の形式でデータを取得します。オブジェクト検索するSTGMEDIUM構造や、 HGLOBALCFileの使用など、いくつかの異なる方法で達成することができます。

詳細についてを参照してください、 STGMEDIUM構造、 OLE 2 プログラマーズ リファレンス ボリューム 1

アプリケーションでデータ オブジェクトを使用しての詳細については、資料を参照してください データ オブジェクトとデータ ソース (OLE)Visual の C++ プログラマのガイド

#include lt;afxole.h>

クラス メンバーの |nbsp;階層図(&N)

サンプル特価; MFC サンプル アプリケーション HIERSVR | MFC サンプル OCLIENT(&N)

参照特価;COleDataSourceCOleClientItemCOleServerItemCOleDataSource::DoDragDropCView::OnDrop(&N)

Index