COleDataObject::Release

void リリース ( );

解説

所有権を解放するには、この関数を呼び出して、 以前COleDataObjectオブジェクトに関連付けられているIDataObjectオブジェクト。IDataObject アタッチまたはAttachClipboardを明示的に呼び出すか、フレームワークCOleDataObjectと関連付けられています。添付bAutoReleaseパラメーターがFALSEの場合は、 IDataObjectオブジェクトは解放されません。この場合、呼び出し元がIDataObjectを呼び出して解放する必要が iunknown::release

COleDataObject 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleDataObject::AttachCOleDataObject::COleDataObjectCOleDataObject::Detach(&N)

Index