COleDataObject::IsDataAvailable

BOOL IsDataAvailable ( CLIPFORMAT cfFormat, LPFORMATETC lpFormatEtc = NULL );

戻り値

0 以外の値のデータが、指定した形式で使用可能な場合。そうでなければ 0。

パラメーター

cfFormat

LpFormatEtcが指す構造体で使用するクリップボード データ形式。このパラメーターは、定義済みクリップボード形式またはネイティブ Windows によって返される値の 1 つをすることができます RegisterClipboardFormat関数。

lpFormatEtc

ポイントは 目的の形式を記述するFORMATETC構造体。CfFormatで指定されたクリップボード形式以外の追加の書式情報を指定する場合にのみ、値はこのパラメーターを指定します。NULLの場合は、 FORMATETC構造体の他のフィールドの既定値が使用されます。

解説

特定の形式が OLE 項目からデータを取得するために使用できるかどうかをこの関数を呼び出します。GetDataGetFileData、またはGetGlobalDataを呼び出す前にこの機能が便利です。

詳細についてを参照してください IDataObject::QueryGetData FORMATETC OLE 2 プログラマーズ リファレンス ボリューム 1

詳細についてを参照してください RegisterClipboardFormat Win32 マニュアル。

COleDataObject 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleDataObject::BeginEnumFormatsCOleDataObject::GetDataCOleDataObject::GetFileDataCOleDataObject::GetGlobalDataCOleDataObject::GetNextFormat(&N)

Index