COleDataObject::GetFileData

CFile ※ GetFileData ( CLIPFORMAT cfFormat, LPFORMATETC lpFormatEtc = NULL );

戻り値

新しいCFileまたはCFileへのポインター-成功した場合は、データを含むオブジェクトを派生それ以外の場合NULL

パラメーター

cfFormat

データに返される形式。このパラメーターは、定義済みクリップボード形式またはネイティブ Windows によって返される値の 1 つをすることができます RegisterClipboardFormat関数。

lpFormatEtc

ポイントは でデータが返される形式を記述するFORMATETC構造体。CfFormatで指定されたクリップボード形式以外の追加の書式情報を指定する場合、値はこのパラメーターを指定します。NULLの場合は、 FORMATETC構造体の他のフィールドの既定値が使用されます。

解説

CFileまたはCFileを作成するには、この関数を呼び出す-オブジェクトを派生し、 CFileポインターに指定した形式でデータを取得します。CFileCSharedFile、またはCOleStreamFileデータの媒体に応じて、戻り値を指摘した実際の型をことがあります。

特価;この関数の戻り値によって、 CFileオブジェクトは、呼び出し元が所有しています。呼び出し元の責任により、ファイルを閉じる、 CFileオブジェクトを削除するのには(&N)。

詳細についてを参照してください FORMATETC OLE 2 プログラマーズ リファレンスボリューム 1

詳細についてを参照してください RegisterClipboardFormat Win32 マニュアル。

COleDataObject 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleDataObject::GetDataCOleDataObject::GetGlobalDataCOleDataObject::IsDataAvailable(&N)

Index