COleConvertDialog::COleConvertDialog

COleConvertDialog(COleClientItempItem,DWORDdwFlags=CF_SELECTCONVERTTO、CLSIDまでpClassID=NULL、CWndpParentWndNULL=);

パラメーター

pItem

変換またはアクティブにするアイテムへのポインター。

dwFlags

作成フラグは、任意の数の次の値を含む結合演算を使用して- または演算子:

pClassID

変換またはアクティブにするアイテムの CLSID へのポインター。NULLpItemに関連付けられたCLSIDを使用する場合。

pParentWnd

ダイアログ オブジェクトが属する親またはオーナー ウィンドウ オブジェクト(CWnd型の) へのポインター。NULLの場合は、ダイアログ ボックスの親ウィンドウがアプリケーションのメイン ウィンドウに設定されています。

解説

COleConvertDialogオブジェクトのみを構築します。ダイアログ ボックスを表示するには、 DoModal関数を呼び出します。

詳細についてを参照してください CLSID キー OLEUICONVERTの構造。

COleConvertDialog 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleConvertDialog::DoModalCOleConvertDialog::m_cv(&N)

Index