COleControl::ThrowError

void ThrowError ( SCODE sc, UINT nDescriptionID, UINT nHelpID = -1 );

void ThrowError ( SCODE sc, LPCTSTR pszDescription = NULL、 UINT nHelpID = 0 );

パラメーター

sc

報告されるステータス コードの値。可能なコードの一覧については、articlenbsp を参照してください。 ActiveX コントロール: 高度なトピック Visual の C++ プログラマのガイド(&N)。

nDescriptionID

文字列のリソースの ID を報告するには、例外の。

nHelpID

報告されるため、トピックのヘルプ ID。

pszDescription

報告するのには、例外の説明を含む文字列。

解説

あなたのコントロールでエラーの発生を通知するには、この関数を呼び出します。この関数のみから、Get または Set の関数内で OLE プロパティ、または OLE オートメーション メソッドの実装を呼び出します。他の回で発生したエラーを通知する必要がある場合は、ストック Error イベントを起動する必要があります。

COleControl 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleControl::FireErrorCOleControl::DisplayError(&N)

Index