COleControl::OnQueryHitPoint

仮想 BOOL OnQueryHitPoint ( DWORD dwAspectLPCRECT pRectBoundsポイント ptlLoc長い lCloseHint DWORD ※ pHitResult );

戻り値

ヒット テストの結果が正常に返されるそれ以外の場合は 0 です。OLE コントロールの表示領域と重なる部分はヒットしています。

パラメーター

dwAspect

オブジェクトの表現方法を指定します。有効な値は、列挙から撮影 DVASPECTまたはDVASPECT2

pRectBounds

OLE コントロールのクライアント領域の外接する四角形を指定するRECT構造体へのポインター。

ptlLoc

ヒットがチェックされる点を指定する、ポイント構造体へのポインター。OLE クライアント領域の座標で指定され、ポイント。

lCloseHint

[ポイントにヒットがチェックを閉じる] を定義の距離。

pHitResult

ヒットのクエリの結果へのポインター。次の値の 1 つ:

解説

コンテナーのIViewObjectEx::QueryHitPoint要求への応答にフレームワークによって呼び出されます。オブジェクトの表示の四角形に指定された点が重なっているかどうかを照会 (ヒット ポイント)。QueryHitPoint非矩形オブジェクトのヒット テストをオーバーライドすることができます。

COleControl 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleControl::OnQueryHitRect(&N)

Index