COleControl::OnGetNaturalExtent

仮想 BOOL OnGetNaturalExtent ( DWORD dwAspect長い lindex DVTARGETDEVICE ※ ptdHDC hicTargetDev DVEXTENTINFO ※ pExtentInfo LPSIZEL psizel );

戻り値

以外の場合はそれが正常に返すか、サイズを調整します。そうでなければ 0。

パラメーター

dwAspect

オブジェクトがどのように表されるかを指定します。表現には、コンテンツ、アイコン、サムネイル、または印刷された文書が含まれます。有効な値は、列挙から撮影 DVASPECTまたはDVASPECT2

lindex

興味のある、オブジェクトの部分。現在は-1 が無効です。

ptd

ポイント、 DVTARGETDEVICE構造のオブジェクトのサイズする必要があります返されるターゲット デバイスを定義します。

hicTargetDev

オブジェクトことができますデバイスの統計情報を抽出し、デバイスの機能をテスト、 ptdパラメーターで指定されたターゲット ・ デバイスの情報コンテキストを指定します。PtdNULLの場合、オブジェクトは、 hicTargetDevパラメーターの値を無視します。

pExtentInfo

サイズのデータを指定します、 DVEXTENTINFO構造体へのポインター。DVEXTENTINFO構造します。:

typedef の structnbsp;tagExtentInfo{UINT cb;DWORD dwExtentMode;SIZEL sizelProposed;} DVEXTENTINFO(&N)

構造体メンバー dwExtentMode の 2 つの値の 1 つを取ることができます:

psizel

コントロールによって返されるデータのサイズへのポインター。返されたサイズ データ調整されていないすべてのディメンションを-1 に設定されています。

解説

コンテナーのIViewObjectEx::GetNaturalExtent要求への応答にフレームワークによって呼び出されます。DVEXTENTINFO構造で、提案されたサイズと拡張モードに最も近いオブジェクトの表示サイズを返すには、この関数をオーバーライドします。既定の実装はFALSEを返し、サイズ調整がありません。

COleControl 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleControl::OnGetViewExtent(&N)

Index