COleControl::IsConvertingVBX

BOOL IsConvertingVBX ( );

戻り値

0 以外の値をコントロールに変換されている場合;そうでなければ 0。

解説

VBX を使用するフォームの変換は、OLE コントロールを使用して 1 つに制御とは、特別な読み込みコードを OLE コントロール必要があります。OLE コントロールのインスタンスをロードする場合は、たとえば、 PX_Fontへの呼び出しであなたのDoPropExchangeかもしれない:

PX_Font (pPx、「フォント」m_MyFont、pDefaultFont)

ただし、VBX コントロールのフォント オブジェクトを持っていなかった;各フォント プロパティを個別に保存されました。この場合、これら 2 つの場合を区別するためにIsConvertingVBXを使用します。:

場合 (IsConvertingVBX()==FALSE)特価;PX_Font (pPX、「フォント」m_MyFont、pDefaultFont);他{PX_String (pPX、「フォント」tempString、DefaultName);m_MyFont - > put_Name(tempString);PX_Bool (pPX、「FontUnderline」tempBool、DefaultValue);m_MyFont - > put_Underline(tempBool);...}

別のケースは VBX コントロール独自のバイナリ データ (そのVBM_SAVEPROPERTYメッセージ ハンドラーで)、保存し、OLE コントロールのバイナリ データを異なる形式で保存かどうかでしょう。場合は、OLE コントロールを下位互換性、VBX コントロールの VBX コントロールまたは OLE コントロールがロードされていたかどうかを見分けることでIsConvertingVBX関数を使用して両方の古いものと新しい形式を読み取れませんでした。

コントロールのDoPropExchange関数では、この条件をチェックし、true の場合、この変換 (前の例では) などに固有の負荷のコードを実行することができます。コントロールが変換されない場合は、通常の負荷のコードを実行できます。この機能は vbx から変換されているコントロールにのみ適用されます。

COleControl 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleControl::DoPropExchange(&N)

Index