COleControl::GetDC

CDC ※ GetDC ( LPCRECT lprcRect = NULLDWORD dwFlags = OLEDC_PAINTBKGND );

戻り値

コンテナー CWndクライアント領域で成功した場合のディスプレイ デバイス コンテキストへのポインター。それ以外の場合、戻り値はNULLです。コンテナーのウィンドウのクライアント領域を描画する以降の GDI 関数でディスプレイ デバイス コンテキストを使用することができます。

パラメーター

lprcRect

四角形は、ウィンドウなしのコントロールへのポインターは、コントロールのクライアント座標で再描画を望んでいます。NULLは、オブジェクトの範囲を意味します。

dwFlags

描画のデバイス コンテキストの属性。選択肢します。:

解説

ウィンドウなしのオブジェクトの取得画面 (または互換性のある) デバイス コンテキストをそのコンテナーから提供するには、この関数を呼び出します。塗装後コンテキストを解放する、 ReleaseDCメンバー関数を呼び出す必要があります。GetDCを呼び出すときは、彼らに自分のクライアント座標で描画する四角形オブジェクトを渡します。GetDCは、コンテナーのクライアント領域の座標に変換します。オブジェクトに必要な描画する四角形のサイズのGetClientRectを取得することができます独自クライアント領域の四角形より大きいを要求する必要があります。これは彼らになっているいない誤って図面からオブジェクトを防ぐ。

COleControl 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleControl::ReleaseDC(&N)

Index