COleControl::ClipCaretRect

BOOL ClipCaretRect ( LPRECT lpRect );

戻り値

成功した場合は 0 だ。そうでなければ 0。

パラメーター

lpRect

入力には、調整されたカレット領域が含まれているRECT構造体へのポインター。出力、調整されたカレット領域、またはカレット四角形が完全に覆われている場合は、 NULLに。

解説

それ完全にまたは部分的には、重複、不透明のオブジェクトでが含まれて場合、カレット四角形を調整するには、この関数を呼び出します。キャレットが点滅線、ブロック、または通常のテキストまたはグラフィックスを挿入するを示すビットマップです。

ウィンドウなしのオブジェクトが最初のチェックせず、キャレット安全に表示することはできないかどうか、キャレット部分的または完全に複数のオブジェクトを重ねて表示されません。可能にするには、オブジェクトはClipCaretRect使用できます カレットを調整する (縮小)、クリッピング領域に収まることを確認するには。

オブジェクトのキャレットを作成する必要があります、カレット長方形をClipCaretRectを送信して、調整された四角形のキャレット。キャレットが完全に表示されていない場合、このメソッドはFALSEとキャレットでは表示しないに返されます。

COleControl 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

Index