COleClientItem::SetItemRects

BOOLSetItemRects (LPCRECTlpPosRect=NULL、LPCRECTこのパラメーターがNULL=);

戻り値

成功した場合は 0 だ。それ以外の場合、0。

パラメーター

lprcPosRect

親ウィンドウのクライアント座標に対して相対的に OLE アイテムの境界を含む四角形へのポインター。

lprcClipRect

OLE アイテムが親ウィンドウのクライアント座標を基準に、表示されている部分の境界を含む四角形へのポインター。

解説

外接する四角形または OLE アイテムの表示の四角形を設定するには、この関数を呼び出します。この関数は、 OnChangeItemPositionメンバー関数の既定の実装によって呼び出されます。項目位置または OLE の表示部分の変更のたびにこの関数を呼び出す必要があります。通常これは、それをビューのOnSizeOnScrollByのメンバーから関数を呼び出すことを意味します。

詳細についてを参照してください IOleInPlaceObject::SetObjectRects OLE ドキュメント。

COleClientItem 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleClientItem::OnChangeItemPositionCOleClientItem::OnGetItemPosition(&N)

Index