COleClientItem::ReactivateAndUndo

BOOL ReactivateAndUndo ( );

戻り値

成功した場合は 0 だ。そうでなければ 0。

解説

OLE 項目を再度アクティブ、インプレースを編集中にユーザーが行った直前の操作を元に戻すには、この関数を呼び出します。コンテナー アプリケーションが、元に戻すコマンドをサポートしている場合は、すぐに OLE アイテムを非アクティブ化した後、元に戻すコマンドを選択する場合この関数を呼び出す。

サーバー アプリケーションは、Microsoft Foundation Class ライブラリで書かれている場合は、この関数COleServerDoc::OnReactivateAndUndoを呼び出し、サーバーをが。

詳細についてを参照してください IOleInPlaceObject::ReactivateAndUndo OLE ドキュメント。

COleClientItem 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleServerDoc::OnReactivateAndUndoCOleClientItem::OnDeactivateAndUndo(&N)

Index