COleClientItem::OnGetWindowContext

仮想 BOOL OnGetWindowContext ( CFrameWnd 年 ppMainFrame, CFrameWnd 年 ppDocFrame, LPOLEINPLACEFRAMEINFO lpFrameInfo );

戻り値

成功した場合は 0 だ。そうでなければ 0。

パラメーター

ppMainFrame

メイン フレーム ウィンドウへのポインターへのポインター。

ppDocFrame

ドキュメント フレーム ウィンドウへのポインターへのポインター。

lpFrameInfo

ポインター、 フレーム ウィンドウの情報を受け取るOLEINPLACEFRAMEINFO構造体。

解説

アイテムの場所でアクティブになったときに、フレームワークによって呼び出されます。この関数を使用して OLE アイテムの親ウィンドウに関する情報を取得します。

コンテナーが MDI アプリケーションの場合は、既定の実装は、 CMDIFrameWndオブジェクトppMainFrameppDocFrameのアクティブCMDIChildWndオブジェクトへのポインターにポインターを返します。コンテナーが SDI アプリケーションの場合は、既定の実装はppMainFrameでは、 CFrameWndオブジェクトのポインターを返し、 ppDocFrameではNULLを返します。既定の実装はまた、 lpFrameInfoのメンバーで塗りつぶします。

のみ、既定の実装、アプリケーションに適合しない場合は、この関数をオーバーライド;たとえば、アプリケーションが SDI または MDI からとは異なるユーザー インターフェイス パラダイムがします。これは、高度なオーバーライド。

詳細についてを参照してください IOleInPlaceSite::GetWindowContext OLEINPLACEFRAMEINFO構造、OLE ドキュメント。

COleClientItem 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

Index