COleClientItem::OnDeactivateUI

仮想 void OnDeactivateUI ( BOOL bUndoable );

パラメーター

bUndoable

編集の変更が行なうことが可能であるかどうかを指定します。

解説

インプレース アクティブ化されたアイテムを非アクティブ化するときに呼び出されます。この関数は、コンテナー アプリケーションのユーザー インターフェイス、メニューとインプレース アクティブ化のために作成された他のコントロールを非表示を元の状態に復元します。

BUndoableFALSEの場合は、コンテナーは、サーバーによって実行される最後の操作が取り消し可能なないことを示すので効果がコンテナーの元に戻す状態を破棄、元に戻すコマンドを無効にする必要があります。

COleClientItem 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleClientItem::OnActivateUICOleClientItem::OnDeactivateAndUndoCOleClientItem::OnDeactivate(&N)

Index