COleClientItem::OnDeactivateAndUndo

仮想 void OnDeactivateAndUndo ( );

解説

場所で OLE アイテムをアクティブ化した後、元に戻すコマンド、ユーザーを起動したときに、フレームワークによって呼び出されます。既定の実装は、サーバーのユーザー インターフェイスを無効にするには、 DeactivateUIを呼び出します。コンテナー アプリケーションで、元に戻すコマンドを実装している場合は、この関数をオーバーライドします。オーバーライド関数の基本クラス バージョンを呼び出すし、アプリケーションの実行、最後のコマンドを元に戻す。

詳細についてを参照してください IOleInPlaceSite::DeactivateAndUndo OLE ドキュメント。

COleClientItem 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleClientItem::DeactivateUI(&N)

Index