COleClientItem::OnDeactivate

仮想 void OnDeactivate ( );

解説

OLE アイテムを (activeState) インプレース アクティブ状態からそれはインプレース アクティブ化後非アクティブ化することを意味、読み込まれた状態に遷移するときに、フレームワークによって呼び出されます。OLE アイテム、そのユーザー インターフェイスは、コンテナー アプリケーションから削除されている閉じられていないことを示すためにこの関数が呼び出されますことに注意してください。それが起こるときは、 OnDeactivateUIメンバー関数が呼び出されます。

既定の実装は、 OnChange OLE_CHANGEDSTATEをパラメーターとして呼び出します。インプレース アクティブなアイテムが非アクティブ化するときにカスタム処理を実行するには、この関数をオーバーライドします。コンテナー アプリケーションで、元に戻すコマンドをサポートする場合は、たとえば、元に戻す状態を破棄するには、この関数項目を無効にすると、OLE アイテムを行った直前の操作元に戻すことはできませんを示すオーバーライドできます。

COleClientItem 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleClientItem::OnGetWindowContextCOleClientItem::OnDeactivateUICOleClientItem::OnActivateUICOleClientItem::OnActivateCOleClientItem::CanActivateCDocTemplate::SetContainerInfo(&N)

Index