COleClientItem::OnChange

仮想 void OnChange ( OLE_NOTIFICATION nCode, DWORD dwParam );

パラメーター

nCode

理由は、サーバー アイテムを変更しました。それが次の値のいずれかを持つことができます。:

dwParam

NCode OLE_SAVEDまたはOLE_CLOSEDの場合は、このパラメーターは使用できません。NCodeOLE_CHANGEDの場合は、このパラメーターが変更された OLE アイテムの外観を指定します。可能な値については、 COleClientItem::DrawdwParamパラメーターを参照してください。NCodeOLE_CHANGED_STATEの場合は、このパラメーターは、 COleClientItem::ItemState列挙値と入力されている状態です。それが次の値のいずれかを持つことができます: emptyStateloadedStateopenStateactiveState、またはactiveuistate で

解説

ユーザー変更、保存、または OLE アイテムを閉じるときに、フレームワークによって呼び出されます。(Microsoft Foundation クラス ライブラリを使用してサーバー アプリケーションを作成すると、このCOleServerDocまたはCOleServerItem通知メンバー関数に対して呼び出されます。)NCodeOLE_CHANGEDまたはOLE_SAVEDの場合は変更として、コンテナー ドキュメントの既定の実装のマークします。

OLE_CHANGED_STATEは、 GetItemStateから返される現在の状態は、古い状態のこの状態の変更前に現在の状態が意味されます。

OLE アイテムの状態の変化に対応するには、この関数をオーバーライドします。通常では、アイテムの表示領域を無効にして、アイテムの外観を更新します。オーバーライドの先頭で基本クラスの実装を呼び出す。

COleClientItem 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleClientItem::GetItemStateCOleServerItem::NotifyChangedCOleServerDoc::NotifyChangedCOleServerDoc::NotifyClosedCOleServerDoc::NotifySaved(&N)

Index