COleClientItem::GetExtent

BOOL GetExtent ( LPSIZE lpSize, DVASPECT nDrawAspect = (DVASPECT)-1 );

戻り値

成功した場合は 0 だ。OLE アイテムが空白の場合 0。

パラメーター

lpSize

SIZE構造体またはCSizeオブジェクトのサイズ情報を受信するへのポインター。

nDrawAspect

境界を取得する OLE アイテムの外観を指定します。可能な値についてを参照してください外観

解説

OLE アイテムのサイズを取得するには、この関数を呼び出す。

Microsoft Foundation クラス ライブラリを使用して、サーバー アプリケーションの作成には、この関数は、 OnGetExtent関数と呼ばれる対応するCOleServerItemオブジェクトが発生します。最後に、 SetExtentメンバー関数によって設定サイズに取得のサイズが異なる場合があります注意してください;SetExtentで指定されたサイズは、提案として扱われます。寸法MM_HIMETRIC単位です。

特価;GetExtent OnChangeなどの OLE ハンドラーの処理中に呼び出すことはありません。代わりにGetCachedExtentを呼び出す(&N)。

詳細についてを参照してください IOleObject::GetExtent OLE ドキュメント。

COleClientItem 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleClientItem::SetExtentCOleClientItem::GetCachedExtentCOleServerItem::OnGetExtent(&N)

Index