COleClientItem::GetClipboardData

void GetClipboardData ( COleDataSource ※ pDataSource, BOOL bIncludeLink = FALSE、 LPPOINT lpOffset = NULL、 LPSIZE lpSize = NULL );

パラメーター

pDataSource

OLE アイテムに含まれているデータを受け取る、 COleDataSourceオブジェクトへのポインター。

bIncludeLink

データ リンクが含まれている場合TRUE ;それ以外の場合FALSE

lpOffset

ピクセル単位でオブジェクトの原点からマウス カーソルのオフセット。

lpSize

ピクセル単位でオブジェクトのサイズ。

解説

CopyToClipboardメンバー関数を呼び出してクリップボードに置かれるすべてのデータを含む、 COleDataSourceオブジェクトを取得するには、この関数を呼び出す。

GetClipboardDataは、 OnGetClipboardDataの既定の実装として呼び出されます。CopyToClipboardによって提供されるそれらに加えてデータ形式を提供する場合にのみOnGetClipboardDataをオーバーライドします。それらの形式、 COleDataSourceオブジェクトにCopyToClipboard、呼び出しの前後置きCOleDataSourceオブジェクトをCOleDataSource::SetClipboard関数に渡します。たとえば、OLE アイテムの位置のコンテナー ドキュメントをクリップボードに同行する場合は、あなたが情報を渡すための独自の形式を定義し、 COleDataSourceCopyToClipboardを呼び出す前にそれを配置。

COleClientItem 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleDataSourceCOleClientItem::CopyToClipboardCOleDataSource::SetClipboard(&N)

Index