COleClientItem::Draw

BOOL 描画 ( CDC ※ pDC, LPCRECT lpBounds, DVASPECT nDrawAspect = (DVASPECT)-1 );

戻り値

成功した場合は 0 だ。そうでなければ 0。

パラメーター

pDC

OLE アイテムの描画に使われるCDCオブジェクトへのポインター。

lpBounds

CRectオブジェクトまたは、デバイス コンテキストで決まる論理単位で)、OLE アイテムを描画する外接する四角形を定義するRECT構造体へのポインター。

nDrawAspect

OLE の商品、つまり、表示方法を指定します。NDrawAspectが-1 の場合は、外観を使用して設定、最後の側面が使用されます。このフラグの値の詳細についてを参照してください外観

解説

指定されたデバイス コンテキストを使用して、指定した外接する四角形に OLE アイテムを描画するには、この関数を呼び出します。COleServerItemOnDrawメンバー関数によって作成された OLE 項目のメタファイル表現関数を使用する可能性があります。

通常、描画画面表示は、画面デバイス コンテキストをpDCとして渡して使用します。この場合、最初の 2 つのパラメーターのみを指定する必要があります。

パラメーター lpBoundsは、ターゲット デバイス コンテキスト (現在のマップ モード) で四角形を識別します。レンダリングは画像のスケーリングがあり、コンテナー アプリケーションで表示されているビューと、最終的な印刷イメージを拡大または縮小表示を課すを使用できます。

詳細についてを参照してください IViewObject::Draw OLE ドキュメント。

COleClientItem 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleClientItem::SetExtent:ondraw(&N)

Index