COleClientItem::DoDragDrop

DROPEFFECT DoDragDrop ( LPCRECT lpItemRect, CPoint ptOffset, BOOL bIncludeLink = FALSE、 DWORD dwEffects = DROPEFFECT_COPY | DROPEFFECT_MOVE、 LPCRECT lpRectStartDrag = NULL );

戻り値

DROPEFFECT値。DROPEFFECT_MOVEの場合は、元のデータを削除する必要があります。

パラメーター

lpItemRect

アイテムの四角形のクライアント座標 (ピクセル) で画面上。

ptOffset

ドラッグ時のマウスの位置がlpItemRectからのオフセット。

bIncludeLink

リンク データをクリップボードにコピーする場合にTRUEに設定します。サーバー アプリケーションがリンクをサポートしていない場合、 FALSEに設定します。

dwEffects

ドラッグ元のドラッグ操作でできるようになります効果を決定します。

lpRectStartDrag

実際には、ドラッグの開始位置を定義する四角形へのポインター。詳細については、次の「解説」セクションを参照してください。

解説

ドラッグ アンド ドロップ操作を実行するには、 DoDragDropメンバー関数を呼び出します。ドラッグ アンド ドロップ操作は、すぐには開始されません。それは、 lpRectStartDragまたは、指定されたミリ秒数を経過するまでの指定された四角形のマウス カーソルの葉まで待機します。LpRectStartDragNULLの場合は、四角形のサイズを 1 ピクセルです。

遅延時間は、レジストリ キーの設定によって指定されます。遅延時間を変更するにはCWinApp::WriteProfileStringまたはCWinApp::WriteProfileIntを呼び出すことによってすることができます。遅延時間を指定しない場合は、200 ミリ秒の既定値が使用されます。ドラッグ遅延時間が、次のように格納されています。

方法についての詳細をドラッグの遅延情報かのレジストリに格納されますか。INI ファイルを参照してください :: WriteProfileString プラットフォーム SDK

COleClientItem 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleDataSource::DoDragDropCOleClientItem::CopyToClipboard(&N)

Index