COleClientItem::CreateStaticFromData

BOOL CreateStaticFromData ( COleDataObject ※ pDataObject, OLERENDER レンダリング = OLERENDER_DRAW、 CLIPFORMAT cfFormat = 0 LPFORMATETC lpFormatEtc = NULL );

戻り値

成功した場合は 0 だ。そうでなければ 0。

パラメーター

pDataObject

OLE アイテムから作成するCOleDataObjectオブジェクトへのポインター。

レンダリング

サーバー OLE アイテムを表示する方法を指定するフラグします。可能な値についてを参照してください OLERENDER OLE ドキュメント。

cfFormat

OLE アイテムの作成時にキャッシュされるクリップボード データ形式を指定します。

lpFormatEtc

ポインター、 FORMATETC構造のレンダリング OLERENDER_FORMATまたはOLERENDER_DRAWである場合に使用します。CfFormatで指定されたクリップボード形式以外の追加の書式情報を指定する場合にのみ、値はこのパラメーターを指定します。このパラメーターを省略すると、 FORMATETC構造体の他のフィールドの既定値が使用されます。

解説

COleDataObjectオブジェクトから静的アイテムを作成するには、この関数を呼び出します。静的アイテムには、プレゼンテーション データがない、ネイティブ データが含まれています;したがって、それは編集できません。任意COleDataObject、クリップボードからだけでなくから静的アイテムを作成できますがこれは本質的に、 CreateStaticFromClipboardと同じです。

静的を選択したときにCOlePasteSpecialDialog::CreateItemを使用。

詳細についてを参照してください OleCreateStaticFromData OLERENDER、および FORMATETC OLE ドキュメント。

COleClientItem 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;COleDataObject::AttachClipboardCOleDataObject(&N)

Index